尿酸値を上げる原因

何が犯人?尿酸値を上げる様々な要因

尿酸値を上昇させる様々な原因

飲酒

 

痛風は生活習慣病と言われるように、現代人の食生活、運動不足、ストレス、飲酒などの生活習慣をキッカケに発症する病気です。

 

かくいう私自身の生活習慣を振り返ってみても、やはり、アルコールを含めて以下の三つが大きかったなと思います。

 

  • アルコール
  • ストレス
  • 体重増加

 

これら三つの要因は私だけではなく、痛風患者一般に共通するものです。

 

 

アルコールとストレスについては当サイトの別エントリーでも紹介した通りですが、実は「体重増加」も痛風を引き起こす原因となります。

 

体重増加、すなわち肥満は痛風(高尿酸血症)だけでなく、高脂血症や糖尿病、などの他の生活習慣病の原因にも必ず顔を出してくるので注意が必要です。

 

痛風の様々な原因

 

その他にも尿酸値を情祖父させる要因として考えられる要因があるのでまとめておきます。

 

遺伝的な要因

 

病気は遺伝的素因に環境からの影響が加わることで発病します。

 

痛風の場合にも遺伝的体質が関係します。

 

痛風の患者さんの約二割には父親や叔父・従兄の中に痛風を患っている方がいて、その場合は痛風になりやすい遺伝的な体質にその他の要因が重なって生じたといえます。

 

残りの八割の患者さんは遺伝的体質とは無関係で生活習慣のために起こったと見てよいでしょう。

 

 

運動

意外と知られていないのですが、激しい運動は尿酸を増加させます。

 

人間は生活に必要なエネルギーをエネルギー源であるATP(アデノシン三リン酸)を分解、再合成しながら作っているのですが、激しい運動はこのサイクルを加速させて一部をプリン体に変え、尿酸値を一時的に上昇させます。

 

軽い有酸素運動であれば尿酸値を上げることなく原料や代謝を良くすることができるのでおススメです。

 

また、発汗や下痢で脱水状態になったときには血清尿酸値は上昇します。

 

他の病気の影響

 

実は腎機能が低下したり血液の病気になったりすると尿酸値が上がることがあります。

 

悪性腫瘍が原因で高尿酸血症になることもあるので注意が必要です。

 

薬剤の影響

 

薬剤の中には以下のような尿酸値を上昇させるものがあるのを皆さんはご存じでしょうか?

 

もし、服用している人がいたらちょっと注意してみてくださいね。

 

  • サイアザイド系降圧利尿薬(フルイトランなど)
  • ループ利尿薬(ラシックスなど)
  • 喘息治療薬のテオフィリン(テオドールなど)
  • 結核治療薬のピラジナマイド(ピラジナミドなど)
  • 少量のアスピリン(小児用バファリンなど)

 

 

その他、薬剤ではありませんが、核酸成分を大量に含むサプリメントなども一応注意が必要です。



このエントリーをはてなブックマークに追加 

痛風に良い食べ物.com

関連ページ

プリン体が多い・少ない食べ物
食事療法が主な治療方法になる痛風において、毎日食べるものに細心の注意を払うのはある意味当然の流れです。そこで気になるのがプリン体です。プリン体は痛風の原因になる尿酸の源になる存在なのでこれが多い食べ物は痛風に悪い、と言われています。ここではそんなプリン体の多いor少ない食べ物についてご紹介したいと思います。
尿をアルカリ性にする食べ物
痛風に良い食べ物の特徴としてプリン体が少ないものが挙げられます。しかし、それ以外にも痛風に良い食べ物は存在します。それが「尿をアルカリ性にする食べ物」です。なぜ尿がアルカリ性になると痛風に良いのか?ここではその理由を説明したいと思います。
マイナーな痛風に良い食べ物
食事療法が主な治療方法になる痛風において、毎日食べるものに細心の注意を払うのはある意味当然の流れです。しかし、痛風患者の中には”あれ”が痛風対策にとても重要な効果を発揮していることを知らない人は結構いるものです。ここではその痛風に効くアレについてご紹介したいと思います。
痛風の初期症状について
痛風は虫歯や外傷と違って体の中でじわじわ変化が起きていき、発症するものなのでその進行に気付くのが中々難しい病気です。ここではそんな痛風にいち早く気づき、対応を打つためによくある初期症状を一覧にしてみました。
そもそも痛風とは?
ここではまず最初に痛風について知らない人でも分かるように簡単な痛風についての解説をしたいと思います。難しい専門用語はなるべく使わず、さっぱり簡潔に噛み砕いてみました。
尿酸の正体について
痛風は生活習慣が原因で発生する病気ですが、その一番の鍵を握っているのは体内の尿酸であることは間違いありません。そこで、ここでは尿酸について今一度復習してみようと思います。
尿酸値UPは危険信号
痛風と尿酸値は切っても切れない関係にあり、尿酸値が上がると痛風になり、痛風が収まる時は尿酸値が下がる時、という関係にあります。このページでは尿酸値と痛風の主従関係について今一度振り返ってみたいと思います。