プリン体が多い・少ない食べ物

どれだけ知ってますか?プリン体が多い食べ物、少ない食べ物

痛風に影響を与えるプリン体が多い・少ない食べ物

プリン

 

痛風の原因が体内に溜まった尿酸にあることは既に別のページで説明した通りです。

 

そして尿酸は食べ物に含まれるプリン体という成分を原料として発生します。

 

ここから、プリン体の多い食べ物は痛風に悪いということが言えます。

 

プリン体が多い食べ物

 

以下に痛風に悪い(プリン体が多い)食べ物を一覧にしてみたので参考にして頂ければと思います。

 

豚肉・鶏肉・牛肉のレバー・かつお節・煮干し・干し椎茸・いわし・干物類・スルメ・白子、アンコウの肝・真いわし・カツオ、車えび・サンマ・マグロ・魚や肉が中心の鍋物の煮汁

 

痛風に良い食べ物とは一変、美味しいものばかりが並びますね。

 

尿酸値が高い人(痛風患者・痛風予備軍)は1日のプリン体の摂取量を400mgまでに制限することが重要とされています。

 

しかし、プリン体含有量が極めて多いとされている鶏レバーやイサキの白子、マイワシの干物はそれだけでプリン体含有量が300mgもあります。

 

このことからもプリン体の摂取を控えるのが如何に難しいかが分かりますね

 

プリン体が少ない食べ物

 

次にプリン体が少ない食べ物について見てみようと思います。

 

白米・パン・そば・うどん・野菜類・果物類・昆布・豆腐・ソーセージ

 

 

痛風に悪い食べ物と比べて質素なものばかりが並びます。ただ、その中でも数少ない肉類であるソーセージがあるのは嬉しいところ。肉類が食べられず味気が無いなぁ・・・とお悩みの方は是非ソーセージをおススメします!



このエントリーをはてなブックマークに追加 

痛風に良い食べ物.com

関連ページ

尿をアルカリ性にする食べ物
痛風に良い食べ物の特徴としてプリン体が少ないものが挙げられます。しかし、それ以外にも痛風に良い食べ物は存在します。それが「尿をアルカリ性にする食べ物」です。なぜ尿がアルカリ性になると痛風に良いのか?ここではその理由を説明したいと思います。
マイナーな痛風に良い食べ物
食事療法が主な治療方法になる痛風において、毎日食べるものに細心の注意を払うのはある意味当然の流れです。しかし、痛風患者の中には”あれ”が痛風対策にとても重要な効果を発揮していることを知らない人は結構いるものです。ここではその痛風に効くアレについてご紹介したいと思います。
痛風の初期症状について
痛風は虫歯や外傷と違って体の中でじわじわ変化が起きていき、発症するものなのでその進行に気付くのが中々難しい病気です。ここではそんな痛風にいち早く気づき、対応を打つためによくある初期症状を一覧にしてみました。
そもそも痛風とは?
ここではまず最初に痛風について知らない人でも分かるように簡単な痛風についての解説をしたいと思います。難しい専門用語はなるべく使わず、さっぱり簡潔に噛み砕いてみました。
尿酸の正体について
痛風は生活習慣が原因で発生する病気ですが、その一番の鍵を握っているのは体内の尿酸であることは間違いありません。そこで、ここでは尿酸について今一度復習してみようと思います。
尿酸値UPは危険信号
痛風と尿酸値は切っても切れない関係にあり、尿酸値が上がると痛風になり、痛風が収まる時は尿酸値が下がる時、という関係にあります。このページでは尿酸値と痛風の主従関係について今一度振り返ってみたいと思います。
尿酸値を上げる様々な要因
尿酸値の上昇といえば第一にアルコールが挙げられますが、それ以外にも沢山の要因があることをあなたはご存じでしょうか?ここでは尿酸値の上昇を引き起こす原因をご紹介していきます。