痛風に良い食べ物

まだまだ沢山ある!意外と知られてない痛風に良い食べ物

意外と知られてない痛風に良い食べ物

当サイトは痛風に良い食べ物について集中的にご紹介していますが、実はここまで意図的に敢えて紹介していなかったものがあります。

 

それは私たちが毎日のように目にしていて摂らない日は1日として無い“アレ”です。

 

(答えが分かったら下にスクロールしてください)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう、それはです。

 

 

普通の水

 

 

なぜ水が痛風対策に良いのか。それは痛風が発生する仕組みにありました。

 

そもそも、痛風は体の中に尿酸が溜まることで発症する病気です。

 

そして尿酸はその名に「尿」という言葉が付いているように、尿の中に溶けて体外に排出される成分です。

 

つまり、おしっこを出す機会が沢山増えれば増えるほど、尿酸が体外に排出される機会が増えて結果的に痛風にならずに済む、ということが言えるわけです。

 

私も最初は「そんな単純な理屈でホントにいいの〜?(笑)」と半信半疑でしたが、調べてみるとこれが本当に正しいというから驚きです。

 

そもそも体の中に溜まった毒物を外に出すデトックスも基本的にはこれと同じ理屈ですしね。

 

そういうわけで、お水を沢山(目安は1日2リットル)飲むことは痛風対策ではシンプルして非常に効果があるといえます。

 

ただし、飲む水はジュースはもちろんのこと、お茶やコーヒーでもNGです。糖分やカフェイン、カロリーの過剰摂取となり、痛風以前の問題に他の生活習慣病などになってしまう可能性が高いので。

 

 

とはいっても毎日ただの真水を2リットル飲むのは真夏でなければかなり苦しいところ。

 

そこで私がおススメしているのが日向冬季(ヒュウガトウキ)のお茶です。

 

これについては長くなるので別のページでご紹介したいと思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加 

痛風に良い食べ物.com

関連ページ

プリン体が多い・少ない食べ物
食事療法が主な治療方法になる痛風において、毎日食べるものに細心の注意を払うのはある意味当然の流れです。そこで気になるのがプリン体です。プリン体は痛風の原因になる尿酸の源になる存在なのでこれが多い食べ物は痛風に悪い、と言われています。ここではそんなプリン体の多いor少ない食べ物についてご紹介したいと思います。
尿をアルカリ性にする食べ物
痛風に良い食べ物の特徴としてプリン体が少ないものが挙げられます。しかし、それ以外にも痛風に良い食べ物は存在します。それが「尿をアルカリ性にする食べ物」です。なぜ尿がアルカリ性になると痛風に良いのか?ここではその理由を説明したいと思います。
痛風の初期症状について
痛風は虫歯や外傷と違って体の中でじわじわ変化が起きていき、発症するものなのでその進行に気付くのが中々難しい病気です。ここではそんな痛風にいち早く気づき、対応を打つためによくある初期症状を一覧にしてみました。
そもそも痛風とは?
ここではまず最初に痛風について知らない人でも分かるように簡単な痛風についての解説をしたいと思います。難しい専門用語はなるべく使わず、さっぱり簡潔に噛み砕いてみました。
尿酸の正体について
痛風は生活習慣が原因で発生する病気ですが、その一番の鍵を握っているのは体内の尿酸であることは間違いありません。そこで、ここでは尿酸について今一度復習してみようと思います。
尿酸値UPは危険信号
痛風と尿酸値は切っても切れない関係にあり、尿酸値が上がると痛風になり、痛風が収まる時は尿酸値が下がる時、という関係にあります。このページでは尿酸値と痛風の主従関係について今一度振り返ってみたいと思います。
尿酸値を上げる様々な要因
尿酸値の上昇といえば第一にアルコールが挙げられますが、それ以外にも沢山の要因があることをあなたはご存じでしょうか?ここでは尿酸値の上昇を引き起こす原因をご紹介していきます。