その他、痛風に関して

【コラム】痛風に関する個別コラム

その他、痛風に関して

ここではトップページでは紹介しきれなかった痛風にまつわるコラムを掲載します。

【コラム】痛風に関する個別コラム記事一覧

【どうして?】女性が痛風になりにくい理由

josei-tsuhu 痛風といえば昔から“中高年のお父さんがなる病気”というイメージがついてまわりますが、それもそのはず。現在でも痛風患者は圧倒的に男性が多く、1992年に東京女子医大が行った調査では痛風患者のうち、実に98.5%が男性(女性はわずか1.5%)という結果が出たほどです。世の中には色々な病気が存在しますが、...

≫続きを読む

痛風は何科で診療してもらえばいい?

isha 痛風は何科で診てもらえばいいのか?これは多くの人にとって大きな疑問です。大きな総合病院であれば「痛風科」が最初から存在するので悩むこともありませんが、そこまでの規模の病院は中々ありません。ずばり、結論から先に書くと痛風は内科で受診するのが最も賢明な判断となります。その理由は痛風が血液中の代謝に関係し...

≫続きを読む

痛風の大敵!ラーメンに関する話

ra-men ラーメンといえば痛風患者にとっての大敵のような存在で、口にすべきでないメニューNo.1といっても過言ではない存在です。化学調味料で素材の味が分からなくなったり、繊細な味の判断が付かなくなるといった弊害以外にも塩分を摂りすぎてしまうからです。塩分の摂りすぎは痛風以外にも高血圧を誘発し、やがて脳卒中のリ...

≫続きを読む

【知ってそうで意外と知らない】痛風が贅沢病と言われる理由

gochisou 痛風は世界的に見ると非常に長い歴史を持つ病気です。特に西洋においては古くからあるお馴染みの病気として知られています。エジプトから発掘されたミイラの関節の中に尿酸塩を見つけたという報告もあれば、医学の父と呼ばれるヒポクラテスが残した文献にも痛風についての報告はあるほどです。また、歴史上の人物を挙げても...

≫続きを読む

あなたは知ってますか?痛風になりやすい年代となりにくい年代

nendaibetsu 過去ページ(女性が痛風になりにくい理由)で、痛風患者の98%は男性である、と書きましたが、男性の中でも更に細かく年齢別で分類してみると痛風患者のほとんどは40代以上となっています。これを聞いて「自分はまだ40代に入ってないから一安心」と思った方はご注意を。なぜなら痛風を初めて発症する発症年齢の中心は...

≫続きを読む

【豆知識】痛風の6・7・8ルール

痛風患者最大の関心ごとといえば禁酒すべきか、するのであればどのくらい控えるべきか、という点だと思います。このページでは尿酸値について説明していきます。そもそも痛風とは尿酸値が高くなってしまった状態が長く継続することで発症します。ですから痛風を防ぐには尿酸値を正常な値でコントロールすることが必要です。...

≫続きを読む

知ってますか?血清尿酸値と尿中尿酸値の違い

tsuhu-shoujou そもそも尿酸値とはどのように測るのでしょうか?一版に尿酸値と言われているのは正確には血清尿酸値のことです。血清の尿酸値ですから血液中(血清中)の尿酸の値を測ったものです。測定方法は採取した血液を自動成分分析機によって血清と血球(血液はタンパク質や脂質などからなる血清が55%、赤血球、白血球、血小板か...

≫続きを読む

知らないでは済まされない!高尿酸血症の恐怖

痛風の治療について説明する前にもう一度確認しておきたいことがあります。それは痛風が高尿酸血症の状態(尿酸値7.0r/dl以上)が続いた結果発症するということです。痛風の発作は痛いとはいえ一週間から10日ほど経てば治まります。しかし、高尿酸血症はそのまま続きます。そして知らず知らずのうちに腎障害などの...

≫続きを読む

突然の痛風発作!その際の応急処置について

oukyushochi 薬による痛風治療の説明に入る前に、痛風発作が起こった時に発作を抑えるための緊急的な対処法について一言触れておきたいと思います。痛風の発作は何の前触れなく突然起きることがほとんどです。そのため、今現在痛風でなくても、痛風の心配がある人は次のような対処方法を覚えておくと役に立ちます。頭の片隅にでも留めて...

≫続きを読む