痛風が贅沢病と言われる理由

【知ってそうで意外と知らない】痛風が贅沢病と言われる理由

痛風が贅沢病と言われる理由

御馳走

 

痛風は世界的に見ると非常に長い歴史を持つ病気です。

 

特に西洋においては古くからあるお馴染みの病気として知られています。

 

エジプトから発掘されたミイラの関節の中に尿酸塩を見つけたという報告もあれば、医学の父と呼ばれるヒポクラテスが残した文献にも痛風についての報告はあるほどです。

 

また、歴史上の人物を挙げても古代マケドニアの英雄、アレクサンドロス大王をはじめとして神聖ローマ帝国皇帝のカール五世、フランス国王のルイ十四世など、枚挙に暇がありません。

 

 

痛風だったといわれる偉人

 

 

このように古代・中世の西洋において歴史上の偉大な人物の多くが痛風によって苦しんだという記録が残っています。

 

では当時の一般庶民も同じように痛風に悩んでいたのか・・・と問えば、実はそうではありませんでした。

 

当時から痛風は裕福な身分の人々に多く見られていたので当時から帝王病・ぜいたく病と呼ばれていたそうです。

 

 

痛風を引き起こす尿酸値の上昇は動物性たんぱく質(肉類・卵・牛乳など)を多く摂る人やアルコールをよく飲む人に起こります。

 

そして痛風発作は尿酸値が上昇している状態が数年間以上続かなければ起きません。

 

なので飢饉や戦争で貧困状態が常であった古代・中世にそのような飲食生活が出来た人は相当高い位置に居た人だけだったんですね。

 

これが痛風はぜいたく病と言われていた理由です。

 

 

社会が豊かになると痛風患者は増える

 

歴史上の偉人に痛風が多かったのに関連して、痛風は世の中の栄養状態が良くなると増加して、戦争や飢饉で悪化すると減るということが分かっています。

 

では西洋と同じように日本でも痛風は古くからあったのでしょうか?

 

 

実は日本において痛風は明治以降に現れた病気と認識されており、それ以前は存在しなかったと考えられています。

 

安土桃山時代に日本を訪れたルイスフロイスは「日本に痛風は存在しなかった」と記述しています。

 

 

痛風が日本で初めて記録されたのは明治に入ってからのことで、実際に増え始めたのは1960年以降です。

 

日本はそもそも欧米などと比べて菜食主義の傾向が強くありました。

 

文明開化や戦後食糧事情の変化で食事が欧米化(肉や卵、牛乳)して痛風になりやすい食生活になったことで実際に痛風患者も増えた、とすれば合点がいきます。

 

 

痛風患者は戦後増加傾向にありましたが、時間が経つにつれて認識が進み、最近では少しづつですが減ってきました。

 

痛風患者の推移を示したグラフi
出典:『平成23年 患者調査』厚生労働省大臣官房統計情報部

 

 

まだまだ数は多いですが、いつの日か国内から痛風患者が0人になると良いですね。



このエントリーをはてなブックマークに追加 

痛風に良い食べ物.com

関連ページ

女性が痛風になりにくい理由
痛風といえば昔から日本では伝統的に男性の病気として認識されてきましたが、今でもそれは変わりません。しかし、なぜ痛風は男性の病気なのでしょうか?単純にアルコールを飲む量が男性の方が多いから?実際のところはどうなのでしょうか?
痛風は何科で診てもらう?
激しい痛みや腫れを伴う痛風。その見た目からついつい外科での診療を検討しがちな病気ですが、そもそも痛風って本当に外科でいいの?と疑問を抱く方は多いようです。そこで、ここでは痛風は何科で診てもらえばいいのか、ご説明したいと思います。
痛風とラーメンの話
ジャンクフードの代名詞として知られるラーメン。痛風であるならば絶対に避けるべきメニューの一つですが、そうは言ってもどうしても食べたいときは必ずあります。そんなとき、どうすればいいのか?ここでは痛風患者におススメのラーメンの食べ方を伝授します。
痛風になりやすい年代
痛風は主に中高年の男性がなりやすいものだと思われています。確かにそれはデータからも明らかなのですが、実は最近中高年以外の痛風患者が増えていることを皆さんはご存じでしょうか?ここでは痛風になりやすい年代について解説します。
痛風の6・7・8ルール
皆さんは痛風の678ルールというものを聞いたことがあるでしょうか?これは96年に国内で開かれた会議で決められたもので、痛風患者であれば是非とも押さえておきたい基準です。ここではそんな痛風の678ルールについて解説します。
血清尿酸値と尿中尿酸値の違い
血清尿酸値と尿中尿酸値の違いを皆さんはご存じですか?色々な場面で聞いたことはあるけど詳しくは知らない・・・という人がほとんどだと思います。そういえばこの尿酸値はどのようにして計測するのでしょうか?ここではそんな今まで意外と知られてなかった尿酸値の測り方を解説します。
高尿酸血症の恐怖
当サイトは痛風に効く食べ物を中心に扱っていますが、本当の意味で怖いのはもしかしたら高尿酸血症かもしれません。そこで、ここでは痛風の背後にある原因ともいえるそんな高尿酸血症について今一度おさらいしてみたいと思います。
痛風発作の対処法
ある日ある時突然やってくる痛風発作。初めてこれを体験した時は一体何事かと驚いて悲痛な思いをした人は多いのではないでしょうか?ここではそんないつどこでやってくるか分からない恐ろしい痛風発作について、その対処法と応急処置について説明していきます。