血清尿酸値と尿中尿酸値の違い

知ってますか?血清尿酸値と尿中尿酸値の違い

血清尿酸値と尿中尿酸値の違い

痛風の症状

 

そもそも尿酸値とはどのように測るのでしょうか?

 

一版に尿酸値と言われているのは正確には血清尿酸値のことです。血清の尿酸値ですから血液中(血清中)の尿酸の値を測ったものです。

 

測定方法は採取した血液を自動成分分析機によって血清と血球(血液はタンパク質や脂質などからなる血清が55%、赤血球、白血球、血小板からなる血球45%で形成されています)を分離させてから血清部分の尿酸を測定します。

 

 

尿酸値は1dlの血清中に尿酸が何rあるかを数字で示したもので、別のエントリーで紹介したように7.0r/dl以上で高尿酸血症と判定されます。

 

血清尿酸値の他に尿中尿酸値というものもあります。

 

これは尿中の尿酸の値を測定して腎臓での尿酸排泄の働きを調べるものです。

 

 

また、尿中尿酸検査と血清クレアチニン濃度検査によって患者の痛風が排泄低下型か過剰生産型かを判断できます。

 

この検査方法についてはまた別のエントリーで詳しくご紹介したいと思います。

 

一日に排出される尿酸の約70%(500r)は腎臓で血液から濾過され、尿に溶けて排出されます。

 

尿酸の量が増えすぎると尿に溶けきれない尿酸が腎臓に付着して腎障害を引き起こすのできわめて危険です。

 

 

こうならない前に、体の危険信号をキャッチしてしかるべき対応を取るようにしたいですね。



このエントリーをはてなブックマークに追加 

痛風に良い食べ物.com

関連ページ

女性が痛風になりにくい理由
痛風といえば昔から日本では伝統的に男性の病気として認識されてきましたが、今でもそれは変わりません。しかし、なぜ痛風は男性の病気なのでしょうか?単純にアルコールを飲む量が男性の方が多いから?実際のところはどうなのでしょうか?
痛風は何科で診てもらう?
激しい痛みや腫れを伴う痛風。その見た目からついつい外科での診療を検討しがちな病気ですが、そもそも痛風って本当に外科でいいの?と疑問を抱く方は多いようです。そこで、ここでは痛風は何科で診てもらえばいいのか、ご説明したいと思います。
痛風とラーメンの話
ジャンクフードの代名詞として知られるラーメン。痛風であるならば絶対に避けるべきメニューの一つですが、そうは言ってもどうしても食べたいときは必ずあります。そんなとき、どうすればいいのか?ここでは痛風患者におススメのラーメンの食べ方を伝授します。
痛風が贅沢病と言われる理由
世の中には病気の別名と色々なものがあります。生活習慣病はその代表的な例で、普段の悪しき生活習慣が病気の原因になっていることを分かりやすく表しているので多くの人に理解されていますね。その一方で中々理解が進んでいないのが、痛風を贅沢病と呼称する理由です。確かに痛風はお酒を飲む人がかかる確率が高いので分からないでもありませんが・・・なぜ痛風は贅沢病と言われているのか。その理由を解明します。
痛風になりやすい年代
痛風は主に中高年の男性がなりやすいものだと思われています。確かにそれはデータからも明らかなのですが、実は最近中高年以外の痛風患者が増えていることを皆さんはご存じでしょうか?ここでは痛風になりやすい年代について解説します。
痛風の6・7・8ルール
皆さんは痛風の678ルールというものを聞いたことがあるでしょうか?これは96年に国内で開かれた会議で決められたもので、痛風患者であれば是非とも押さえておきたい基準です。ここではそんな痛風の678ルールについて解説します。
高尿酸血症の恐怖
当サイトは痛風に効く食べ物を中心に扱っていますが、本当の意味で怖いのはもしかしたら高尿酸血症かもしれません。そこで、ここでは痛風の背後にある原因ともいえるそんな高尿酸血症について今一度おさらいしてみたいと思います。
痛風発作の対処法
ある日ある時突然やってくる痛風発作。初めてこれを体験した時は一体何事かと驚いて悲痛な思いをした人は多いのではないでしょうか?ここではそんないつどこでやってくるか分からない恐ろしい痛風発作について、その対処法と応急処置について説明していきます。