白井田七とは

痛風なら知っておきたい。白井田七とは?

痛風サプリの決定版、白井田七

白井田七

白井田七の公式ページを見てみる


 

(※10月29日修正)

 

痛風への対策は色々ありますが私の周囲で一番評判が良いのは白井田七という痛風対策に特化したサプリです。

 

かくいう私もこの10年間くらいで6〜7種類は痛風サプリを飲んできましたが、今はもう白井田七以外飲んでません。

 

私が白井田七にここまで惹かれるのか理由は何なのか?

 

飲み始めて結構経つので、ここで振り返りの意味も兼ねて良かったと感じたポイントをまとめてみます。買おうかどうか迷っている人は参考にしてみて下さい。

 

白井田七の良かったと感じた点

1、実際に痛風に効いた

 

いきなり実も蓋も無い話なんですけど、私は色々なサプリを飲み歩いた結果、白井田七が一番効いたように感じました。

 

それは白井田七を飲み始めてからというもの、痛風発作の感覚が伸びたり、発作が起きてもすぐに引くことが増えたからです。

 

特に痛風発作による痛みの軽減は顕著でした。

 

それまでだったら「ぐぅう〜〜〜ッッッ!!!」と、悶絶するような痛みも白井田七を飲むようになって数か月経ってからは「あーー・・・痛いなぁ!チックショー!」くらいには引きました。

 

全然伝わってないかもしれませんが、兎も角私は白井田七のおかげで痛風がとてもラクになりました。

 

もちろん、こういった白井田七の効果はあくまで私個人の感想です。他の人だとまた感じ方も違ってくると思うので話半分に程度に聞いて下さい

 

 

2、原材料が痛風サプリの中では一番強い

田七人参

 

じゃあなんで効いたんだろう?と振り返ると、その理由はやっぱり成分なのかなーと思います。

 

普通、痛風サプリといえばその大多数は高麗人参朝鮮人参を原料に作られています。それらの説明についてはこちら↓を参照ください。

 

>>痛風に効く食べ物で高麗人参の右に出るものはない<<

※現在修正中につき一時非公開にしています。

 

それに対して白井田七は田七人参という人参を主成分にしているのですが、田七人参は普通の高麗人参より7倍もサポニンを多く含んでいるそうです。(公式サイトより)

 

しかも使用する田七人参は世界でもほぼ無い完全無農薬・有機栽培とくれば効果が強烈なのはある意味当然。

 

私は漢方の専門家ではないので難しいことは分かりませんが、あれだけ有名な高麗人参より更に強いパワーがあるとなれば、強烈に効くのも納得です。

 

 

3、余計な不純物がほぼない

化学薬品

 

白井田七は田七という名前からも分かるように、田七人参のパワーを効率良くかつ継続的に摂取する、ことを目的に作られたサプリだそうです。

 

だから成分の98%は自然素材の田七人参と有機玄米で構成されていて、不要な化学薬品はほぼ配合されていません。

 

私は持病で薬を常飲していて、これ以上ケミカルなものはなるべく体内に入れたくなかったので、限りなく天然に近い白井田七は続けるのに抵抗がなくてよかったです。

 

 

ビギナーから上級者まで

白井田七

 

こうして白井田七を振り返ってみると「限りなく天然で質も高くて実際に効果があったから良いと感じた」という何の面白みもない結論になってしまいました。スイマセン(汗)

 

 

でも、サプリに求められるのって究極的には効くかどうか?という肝の部分です。

 

だから飲んだ→効いた→よっしゃー!という流れを汲めた白井田七は痛風サプリにおけるある種の完成形なのかもしれません。(少なくとも私にとっては)

 

また、白井田七は返金保証が付いています。

 

返金保証を付けるということはそれだけ製品に自信があるということですから、これも白井田七の効果を裏付ける一つの根拠といっていいでしょう。

 

 

 

私は誰かと痛風トークになって「サプリとか飲んでるんだ?どういうのがいいの?」と聞かれたら、決まって「白井田七っていうのが安牌。これなら大外れはまず無いよ」と答えています。

※その証拠に、公式サイトによると白井田七の顧客満足度は94%とのことです。

 

 

今までサプリ選びで失敗してきた人や、初めて痛風サプリを飲む人は一つの判断材料にしてみて下さい。

 

白井田七の公式ページを見てみる



このエントリーをはてなブックマークに追加 

痛風に良い食べ物.com